よくあるご質問

 

Q. ハッチを閉めていてもカヤック内部に水が入ってきますか。
 
A. はい、少量ですが、水が入ってくることがあります。船体内部に積荷スペースがあるカヤックでは、浸水を完全に防ぐことはできません。しかし、浸水といってもほんの少量で、一日中波間をパドルしていても数カップ分の水が入ってくるくらいで、排水穴から簡単に排水することができます。水濡れが心配なお荷物は、耐水バッグに入れて積荷スペースに載せるようにしてください。
 
 

Q. カヤックには、どんな服装が適していますか
 
A. その日の天候やカヤックをする場所に適していて、尚且つ安全を考慮した服装をお選びください。長袖の服や帽子は日焼け防止に効果的です。また寒い日には、カヤック専用の保温性の高い洋服や装備が多く販売されていますので、そういったものを活用するのもいいでしょう。保温性があり、例え水の中に落ちても重くならないウェットスーツやドライスーツもおすすめです。(万一転覆した場合にも、通常なら数秒でカヤックに戻ることができますが、水を含んだ服でカヤックに這い上がるのは一苦労です)そして安全のため、ライフベストやライフジャケットは常に着用するようにしてください。

 

Q. バイキングカヤックを自分一人で海岸や川岸に引き上げることは可能ですか。
 
A. スーパーリニアポリエチレン(超低密度ポリエチレン)素材のバイキングカヤックは、ファイバーグラス製のカヤックなどとは違って軽量なので、一人でカヤックを岸に引き揚げることが可能です。しかし、引きずることにより、カヤックの底に傷がついてしまうことがあります。そして、繰り返し引きずることでカヤックに重大な故障をきたした場合、保証が適用されなくなる恐れがあります。
 
バイキングカヤックを使用している、ニュージーランドの、あるフィッシングツアー主催会社では、お客様を良いフィッシングポイントに案内するために、もう何年もの間、岩場などでカヤックを頻繁にひきずって運んでいるため、カヤックは傷つきへこんでしまっています。しかし、オーナーは顧客により良いフィシングポイントでフィッシングを楽しんでもらうために、例え通常より早いサイクルでカヤックを買い替えなければならなくなってもそうしたいと言っています。
 
バイキングカヤックはタフなご使用方法にも耐えられる強度はありますが、長く安全にご使用になるためには、こうしたこともよく考慮した上で、適切に運搬するようにして下さい。
 
 


Q. バイキングカヤックは急流でも使用することができますか。
 
A. バイキングカヤックは難易度の低い軽度の急流下りであればお使いいただけるよう設計されています。急流下りのようなラフなコンディション下では、ニーストラップを使用することで、操作性を上げることができます。
 
急流下りを主催するツアーのオペレーターからの報告によると、転覆した時に、他のカヤックでは、水が入った重いカヤックから抜け出すのが大変だったのにもかかわらず、バイキングカヤックでは、早い流れの中でもより早く簡単にカヤックに戻る事ができているそうです。
 
とはいえ、カヤックご使用の際には、ご自身の経験とスキルをよく考慮して無理なご使用はおやめください。また、滝下りなどの難易度の高い急流下りには、専用に作られたシットインカヤック型カヤックのご使用と、高度な技術が必要です。
 
 


Q. バイキングカヤックは伝統的なシットイン型のカヤックとどう違いますか。
 
A. オープントップである点が大きな違いです。カヤックと聞いて多くの方がまず思い浮かべるのは、両足が船体のなかに収まるシットイン型のカヤックだと思います。そのようなタイプのカヤックでは、転覆した際、水中でカヤックから抜け出すことは初心者には容易ではなく、恐怖を感じることもあるでしょう。また、シットインカヤックはそのような状況下では、水がカヤックの中に大量に入り込んでしまうため、排水してからでないとカヤックに戻ることができません。
バイキングカヤックはオープンコックピットなので、体を自由に動かせ、また排水も簡単にできます。転覆すれば、水に濡れてはしまうものの、元のようにひっくり返してすぐにカヤックに戻ることができます。
 
 


Q. バイキングカヤックは転覆しやすいですか
 
A.いいえ、バイキングカヤックは他の多くのカヤックと比べても、安定性に優れていますので。他のカヤックで感じるような、傾く感覚すらないため荒れたコンディションでも操作がしやすいのです。ハルに隣接する縦に平らに伸びたショルダー部が浮きの役割を担い安定性を高めています。
 
 


Q. 積荷の重量はカヤックの浮力に影響しますか。
 
A. バイキングカヤックは船体内に大容量の積荷スペースがありますが(モデルごとの適正積載量は各モデルのページをご参照ください)、浮力や操舵性には影響しないよう設計されています。
 
 


Q. バイキングカヤックで波に乗った時はどんな感じですか。
 
A. 気分爽快です!高度なスキルは必要ありませんが、周りのサーファーやスイマーに気をつけてご使用ください。

 


Q. バイキングカヤックは荒れた海でも使用できますか。
 
A. はい、バイキングカヤックは波の上に軽く座るように設計されていますので、安定性と浮揚性に優れ、中程度までの荒れた波でもご使用いただけます。
 
 

Q. バイキングカヤックは、どんな場所で使うことができますか。
 
A. バイキングカヤックは、川、湖、池、海など様々な場所でお使いいただくことができます。しかし、カヤックを始める前に、その日の天候や水の状態が、ご自身の経験やスキルに合っているかをよく確認し、カヤックの使用を適切にご判断ください。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カヤックを安全にお使いいただくために

 

  1. バ イキングカヤックは簡単に楽しくお使いいただくことができます。しかし、どんなウォータースポーツにも危険はつきものです。既にカヤックや他のボートの使 用経験がある方はご存知のことと思いますが、初めてカヤックをご使用される方は、ご使用前に、自治体や協会、その他色々な団体が提供している小型ボートや マリンスポーツに関する安全情報を確認の上、ご使用されるようにしてください。

  2. カヤックを使用する前に、その日の天候や水の状態が、ご自分のスキルに適しているかどうかを判断することは非常に重要です。カヤックの経験が浅く、まだパドル操作に慣れていない間は、特に注意してください。

  3. カヤックに乗り込むのは、水中で高い安定性を発揮するハルの形態により、水の中からの方が簡単です。しかし、ご自身にとって最も簡単だと思う方法 を見つけるために色々な方法を試してみて下さい。また、万一転覆した時に慌てず対処できるようになるために、初めに浅い場所でシミュレーションをしたり、対処方法を習得されることをおすすめします。

  4. カヤックをする際には、常にライフベストやライフジャケットを着用してください。また、サーフィンや急流、波が荒れている場所や岩場でご使用される際には、ヘルメットを着用してください。

  5. パドルが流されないように、パドルはパドルラインでカヤックにつないでご使用ください。但し、カヤックサーフィンをする際には、カヤックラインは使用しないでください。

  6. カヤックをしに出かける際には、安全のためなるべくグループで行くようにしましょう。そして、どこでカヤックをするのか、帰り時間は何時頃になるのかを、誰かに伝えてから出かけましょう。

  7. カヤックをしに出かける予定を立てたら、潮流、海岸線の形状、障害物の有無など、カヤックをする場所の状況をよく調べてから出かけるようにしましょう。

  8. カヤックをする日の天候をよく確認しましょう。そして、カヤックをしている最中には、天候の変化にも気を配るようにしましょう。沖へ吹く風などは、天候が変化する合図でもあります。

  9. 水上では、気温は低く、日射しは強く感じられる傾向があります。その日の天候に合った服装やグッズを活用して、身体を保護するようにしてください。

  10. カヤックを水に浮かべる前に、水が入らないように全てのハッチがしっかり閉まっていることを確認してください。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カヤックの運搬方法について

 

バイキングカヤックは、全モデル、車のルーフキャリアに積んで運んでいただくことができます。

カヤックの重さは17kgから28kg ありますので、特に重量の重いカヤックは、お二人で持ち上げるようにしてください。キャリアに積んだ後は、タイダウンストラップや伸縮性のない紐でしっか り固定してください。ラチェット付き固定ベルトはきつく締め過ぎててしまう恐れがありますので、おすすめしません。

         

 

 

                                       
 

こちらはエスティマに積んでみたイメージです。      

青/白のカヤックはプロフィッシュ45(4.3m)、ピンクのカヤックはニモ(3.2m)です。ニモは斜めにすれば、車内に納まる大きさです。カールーフキャリアーの上に積んで固定には、タイダウンを使用しています。